« ススキ | トップページ | ヒガンバナ »

ツユクサ(秋)

ツユクサ(露草、秋)

ツユクサ科ツユクサ属。道ばたや草むらに生える1年草で、全国に分布。草丈30〜50cm。花期 6〜9月

 名前は、露を帯びた草の意。

 別名の帽子花(ぼうしばな)は、花を包むほうの形が帽子のように見えることから。万葉集では「月草(つきくさ)」と呼ばれていたのが、江戸時代に「ツユクサ」に変化した。螢草(ホタルグサ)という別名も。

 英語名の Day flower は、1日だけ咲く花ということから。

 昔は衣類に花をこすりつけて染める擦り染めに用い、またツユクサの花の色素は水につけると溶けるため、友禅の下絵を描くのに用いられた。

 若葉は山菜として利用でき、全草を乾燥したものは薬草として用いる。

 茎の下部は地をはいながらよく枝分かれし、節から根を出して増える。葉は笹の葉に似たスマートな形で互生。

 花は二つ折りの舟形のようなほうに包まれており、1個ずつ、ほうの外に出て開く。3枚の花びらのうち、2枚は大きく青色で、1枚は白色で小さい。朝に開花して昼にはしぼむ。

 露草は日本の自生種で、身近で古くから愛されていた植物であることと、露草という名前に込められた象徴性の両方から、重要なレメディの1つと考えられる。

 アルケミーの伝統では、朝早く植物につく露を集め、自然の「エッセンス」として用いた。ヨーロッパでこのために重用されたのはレイディーズマントル(別名 アルケミア)だが、露草はその日本版とも考えられる。

 リサーチのブラインドテストでこのエッセンスをとったある参加者は、「マリア様のマントに包まれるみたい」と表現した。西洋では聖母マリアのマントは伝統的に青色とされる。

 レメディとしての重要さから、エッセンスは夏の花と秋の花の2種類を生成している。

 現在までの臨床リサーチによれば、秋に生成されたものは、よりハートに響く作用があるように思われる。

|

« ススキ | トップページ | ヒガンバナ »

3. フラワーエッセンス:秋の花」カテゴリの記事